JAL機の翼、滑走路に接触 伊丹空港に着陸時

| コメント(0) | トラックバック(0)
朝日より。
22日午前10時41分ごろ、日本航空系のジャルエクスプレスが運航する新潟発のJAL2242便(DC9―81型、乗員・乗客168人)が大阪(伊丹)空港に着陸する際、機体が傾き、左の主翼の先端が滑走路に接触した。けが人はなかったが、翼の先端にあるライトが壊れた。破片回収のため滑走路が閉鎖された。
 国土交通省とJALが、機体が傾いた原因などを調べている。
今のところ、詳細確認できていないので、引用のみ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.morichan.net/mt/mt-tb.cgi/48

コメントする

にほんブログ村 鉄道ブログへ