MNP乞食への道

最近、iPhoneばっかり買っている・・・。

ここ数ヶ月の間に
・au(庭)のiPhone5を5台
・庭のiPhone5sを1台(とりあえず買ったが・・・)
・ドコモ(茸)のiPhone5sを1台(メインユース)
買っている。

なんでこんなことしているかというと、「MNP乞食」と言われることをしているためだ。

MNP乞食とは、キャッシュバック目当てで通信キャリアをMNPすることである。
「iPhoneのMNP新規一括0円3万円バック」
などがその例である。

たとえば新規一括0円でauのiPhone5を契約の場合、
MNP元の他社が2年契約の範囲だった場合は以下の料金がかかる。

・違約金  9,975円
・MNP手数料 2,100円
・新規手数料3,150円

合計15,225円。
最低でもこれだけかかる。

さらに、月額の費用がかかるが端末代金は一括0円で支払っているので機種代金はかからず、
毎月割(au)/月々サポート(ドコモ)/月月割(ソフトバンク)の恩恵が受けられる。

auの月額経費は以下の通りとなる。
・基本料  980円(MNPの場合かつフラット契約の場合は0円)
・LTE    315円
・フラット5460円
合計   6,755円(MNPの場合は5,775円)

ここからスマートバリューが適用されると-1480円になるが、フラット料金が+525円かかるので
差し引き-955円の5,800円(MNPの場合は4,820円)となる。
ここから毎月割(1,680円/月)が適用されるので3,140円でiPhone5が使えることとなる。

ここで注意したいのは
・スマートバリューと毎月割は加入翌月から
ということである。

そのため、加入月はMAXでかかることに注意したい。(auはパケット日割り、ドコモソフトバンクは全額)

3,140円でiPhone5使えるならいいじゃんという方はここまでで十分ですが、乞食の話はここからさらに続きます。

新規一括0円に加えて、最近はキャッシュバックがあります。
これは販売店によってあったりなかったり額も違えば条件も違うので個別に判断するしかないのですが、
auオプションのみとかコンテありとかのパターンがあります。
ようするにオプションでの奨励金やらアフィリエートフィー(の一部)を客に還元するということです。
キャッシュバックの金額と解約手続きかかる費用と手間を考えて選択しましょう。

で、乞食の場合ですが、はなっからiPhone5を使う気は無いのです!

どういうことかというと
・端末は売却
・回線は使わないで(寝かせ)次のMNPの弾とする
ということです。
過去最高益を出しているキャリア様がMNP優遇やってるんだからその波に乗らないでどうするということで、
積極的に行きましょう。

さて、iPhone5の場合ですが新品での下取り価格は
・16Gホワイトで45,000円(2013.11/11の価格)
となっています。

新品で使わずにそのまま下取りに出すと45,000円になるわけです。
つまり、キャッシュバック(CB)と下取り価格の合計金額が総経費を下回ればその分がオトクになるわけです。

かかる経費は一番最初にかいた額15,225円と月額の料金、コンテンツの料金です。
他社にMNPする期間が短ければかかる経費は抑えられますが、短期解約と言うことになり、
次回以降の契約が難しくなります。
そのため90日間は寝かせておくことが必要です。

2ヶ月目にはフラットも全部外した場合は下記の費用がかかります。
1ヶ月目→5,775円
2ヶ月目~4ヶ月目→780円
(ユニバーサル料が別途かかります。2013年は3円/1電話番号)
合計8,115円。

1ヶ月目のみフラットありでそのまま持った場合、23,340円がかかる費用です。
(2年縛りの解約金がかかりますが、次の乞食での費用として計上)

CBが3万円で、オプションとコンテが合計で2,500円程度だった場合は
CB+下取り=75,000円
経費26,000円
で差し引き49,000円手元に残ります。

この差し引いた額を元にして今使っている機種を機種変更すれば相当オトクに機種変更できますね^^
にほんブログ村 鉄道ブログへ